ホーム>satowa スタッフブログ

satowa スタッフブログ

ブログはお引っ越ししております〜

申し訳ございません(><)

只今、ブログは「アメブロ」の方にお引っ越ししております。

覗いてみて下さいませm(__)m

 

http://ameblo.jp/satowaaroma

お客様(クライアントさん)のお声から...三鷹アロマ

クライアントさんからの「お声」を

お伝えしていきますcherryblossom

 

以前は歯医者さんでの治療のとき、


口を開くと顎が痛くて困ったと時がありました。


普段でも顎がガクガクしたり、


それほど深刻には考えていませんでしたが、


いわゆる顎関節症でした。

わたしはフェイシャルのコースが多いのですが、


そういえば知らないうちに


顎がガクガクしていたのは治ってしまったな…と思いましたup

 

長い間フェイシャルを受けでいると
見えるところだけてなく、
見えないところもこんなふうに直って行きます。

satowaのトリートメントを続けていると…
思わぬ嬉しい変化がからだに起こってくださるsign02

うれしいですheart01

http://www.satowaaroma.com

アロマサロン選び?

久しぶりにブログを書きます。
ちょっといたずらにネットで近隣のアロマテラピーなどを検索してみました。
沢山のサロンが出てきてびっくり。
いつの間にかこんなに増えているーーと
それぞれが、「ここが売り」というものを競ってクライアント(お客様)の獲得に頑張っているのですから、大変ですう〜〜。
価格だったり、場所だったり、メニューだったり、施術法だったり、、
いろんな要素で選択肢も豊富になっているように思います。

それにしてもsatowaを始めた15年前は、アロマテラピーってなに?という時代でした。
こんなにもアロマテラピーやオイルマッサージなどが根付いたことは嬉しいかぎり。
オイルマッサージの心地よさや精油の香りを楽しむことーーなどが
本当にポピュラーに受け入れられ根ざして来たことの現れと思います。
行く方の立場に立ってみるとーー
そんな沢山の選択肢の中からサロンをチョイスするのも以外と大変かもしれないですね。

どんな人に当たっても良いから価格が安い方が良いーー
誰でもはちょっと、、ーー
通いやすい家の近くがいい。 夜仕事帰りがいい。
受けたい時に即やってもらえるところが良い。ーー
他の人とは顔を合わせないようなところがいいーー
ソフトで優しいタッチが良いーーしっかり凝りをほぐして欲しいーーちょっとお値段はっても贅沢な感じが味わいたいーー
etcーー
いろんな自分の中の「こんなことが良い」という気持ちの中から、いくつかがぴったり合ったサロンが見つけられるのが一番いいと思うのです。
そんな自分のお気に入りが見つかるまでは、いろんなサロンにトライして行くしかないのかもません。(こんなに沢山あるのですから)

HPのお引っ越し

HPがお引っ越ししますので、お知らせ致します。

http://karadahouse-satowa.com/

からだはうすと同居のHPです。

今後ともよろしくお願いいたします。

セッション価格について

消費税UPの春がスタート致しました。

satowaはセッションの価格は据え置きでがんばります。

よろしくお願いいたします。

ブログ

からだはうす―パートナーブログです。

 amba.to/OJFlyH

常備薬?!

からだのあれこれ

何かと云えば、まずはオイルに助けを乞う

だから、メインテーブルにはいつも「myオイル」を置いている。

常備薬ならぬ常備オイル。

その日その時のヴァイブレーションでレシピは変わる。

今回は「ヤロウ」をちょっと入れてみた。

淡いブルーのパワフルなオイルが出来上がり~


アロマブレンドオイル

病気6

病気の症状がほとんどなくて
まるで治ったかのような状態を「寛解」という。

この言葉は随分あとになって知るのだが

最低数値を維持し、症状の痛みもらくーー

この状態をキープできればばんばんざいヽ(゚◇゚ )ノだ。

ラベンダーの森

西洋医学に頼り切りでもなく、かといって自前だけでがんばらない
そんなやり方を選んだわけだが、

この病気をさずけてもらって気付かされたことが
色々あった。
たべものがどれほど大事かしみじみ思った。

からだに自分が何を摂りいれるかー
だた「食べたいから」
ただ「おいしいから」だけで
ものを食べてちゃいけないってこと・・・

こころとからだがどれほど繋がっているか!!

自分の病気のことは伏せていたが

さまざまな病気や不調を訴えて訪れるクライアントの方々に対して

より近距離のイメージを持てたり、アドヴァイスができるようになった。

ヨガを続け、アロマトリートメントと続け、
セルフヒーリングをつづけ、
ピュアシナジーと朝のジュースをつづけた・・・

ジュースは当初ジューサーで作っていた
リンゴ、人参、セロリ、自家製ヨーグルト+ピュアシナだったものが
今ではミキサーで・・・
ヨーグルトは自家製豆乳ヨーグルトーーと
試行錯誤(?)の変換をとげている。

「これ」っとからだがチョイスしたものは
こつこつと続けた。

朝のジュース1 朝のジュース2

病気5

様々なことを試しながら~時は経ち

が、大きな改善は見られない。

痛いことを受け入れながら、様々なからだの変化をたのしみながら

・・・それでも  ピーク時1週間に2回の注射治療は1週間に1回になり

痛みの激しさもほんのちょっとは軽減されて来た。

2年近く経過しただろうか・・・ある日・・・

ヒーラーの友人が「よかったらこれ試してみて」と
ポンっとカウンターの上にスティック状の銀色の袋を三つ置いて行った。

「ピュアシナジー」というサプリメントとーこうしてはじめて出会った。

飲んでみたーー?????

からだに「どう?」と聴いてみた。

具体的な反応は表面的には何もわからない。

「どうかな?」からだくん・・・・

「いい気がするーーよ」と返ってきた。

で、大きなボトルで買うことにした。

彼女を介し、ピュアシナジーと出会い、お取り引きの会社と出会い、

ミッチェル・メイという存在を知った。

わたしが内側から惹かれたのはミッチェルの師匠だったが・・・

「ピュアシナ」と略させていただくがー

続けて行くうちにどんどん痛みが和らいで行く。

毎朝作るジュースに入れて飲み続けた。

3ヶ月に一回の血液検査
数値が最低レベルを示した。

注射は1ヶ月に1回に減らしても大丈夫になった。

「死なないけど、治らない病」

このレベルでず~とお付き合い出来ればありがたい

とーー3、4年経って落ち着いた場所に至った。

パンもギョウザも  パスタも ラーメンも  時々は食べても大丈夫になったヽ(゚◇゚ )ノ


シナジーパンフ

あ~長い間ほったらかしておいた「続き」に着けてちょっとほっとした~。
ピュアシナジーのパンフもミッチェルの本も もう手元には残っておらず
「バイタシナジー」のパンフが1枚だけあった(><)

こんな情報もあります

こんな情報も見つけました。

ナンにせよ、「電気」は

最大の便利だけど最大にからだによろしくないのです。

でも、「電気」を拒否する生活なんて

今の時代は不可能。

認知しながら利用していくしかないのです。

大晦日の日の入り

ホットカーペットの罠

冬真っ盛りの季節です。
暖をとるためにあなたはどんな方法をとっていますか?

暖かいから、空氣を汚さないから、省エネだからといって、まさか自分の命を削るような暖房器具を使っていませんか?

ホットカーペットは一見、空氣を汚さない、省エネ、ポカポカすると、大変多くの人に好まれる暖房器具です。
しかし、、

ホットカーペットの内部には電線が通っています。
電線には電氣抵抗があります。
それによって通る電氣が発熱します。

しかし、家庭で使う電氣は交流です。
電流の方向が1秒に50回から60回もめまぐるしく変わります。
その電流の変化にともなって電線から電磁波というエネルギーの波が周囲に出てます。

この電磁波には発がん性や白血病のリスクを爆発的に増やす報告が多数あります。
一般的な電磁波の安全基準値は4ミリガウス。
そしてホットカーペットは、、300ミリガウス超なのです。

電磁波0.5ミリガウス以内で暮らしている子どもに比べて、4ミリガウス以上で暮らしている子どもの脳腫瘍は10.6倍以上、白血病は4.73倍、癌の発生リスクも5.6倍の発生率に激増します。

ホットカーペットはその4ミリガウスをはるかに超える300ミリガウス。。
電磁波は離れれば離れるほど数値は低くなるのですが、それではホットカーペットの意味がないですよね。

現在、探してみれば電磁波カットのホットカー ペットもわずかですが存在しています。
その中には磁場カットだけのものもありますが、
是非電場もカットするものもありますので、そういったものを選ばれることを薦めます。

NAGAIpro
http://www.nagaipro.com/